一番持っている人が少ない印鑑

銀行印イメージ

銀行印と認印の違いといいますか、銀行印として印鑑を作っている人の割合がしりたいです。
私の周りでは、ほとんどの人が認印を銀行印として使っていますよ。
貰い物で、印鑑セットを貰った人は別ですが普通自分で、銀行印としての印鑑を購入しませんよね。
購入している人がいた時はすみません…。
認印は、印鑑の中では万能な役目をしますよね。
実印は大きさも大きいですから、実印のみの役割になります。

では、銀行印はどうでしょう…。
銀行印で購入して、認印と使っている人はいませんよね。
銀行印なら、銀行印のみの使われ方だと思います。
認印だけは、認印だったり、銀行印だったり実印だったりと活躍する印鑑です。
もしかすると、一番持っている人が少ない印鑑は、実印よりも銀行印かもしれませんね。

恥ずかしい話し、私も銀行印という印鑑ではありません。
認印です。子供の印鑑も認印です。
唯一、夫の印鑑は銀行印として購入した物ですが…。
銀行の人も、これが銀行印か認印かなんてわかっている人は少ないと思いますよね。
銀行で、これは銀行印ではありませんと突き返してくれれば、銀行印として購入しますが、そこまでの決まりがないので仕方ありませんよね。

今使っている印鑑が、欠けたら自分の銀行印を作りたいと思います。
銀行印にもいろいろ大きさとかあるみたいなので、実印同様にきちんと考えて作りたいですよね。
最近は、名前だけの銀行印も作れるようなので、作るとしたら名前だけの印鑑を作りたいです。
本当は、どんな印鑑でも自分が納得して購入したならずっと大事に使って欲しいですけどね。

ページの先頭へ